(株)ミトリカ
企業情報
(株)ミトリカ

COMPANY PLOFILE
企業情報

会社概要

社名 株式会社ミトリカ
創立 昭和40年6月20日
代表者 平沼 博
事業分野 石英・各種ガラス加工・理化学・医学・光学・半導体・液晶・光通信・自動車・バイオ・装飾 等
取引銀行 商工組合中央金庫 水戸支店
足利銀行 水戸支店
常陽銀行 千波支店
東邦銀行 水戸支店
みずほ銀行 水戸支店
三菱東京UFJ 銀行 水戸支店
水戸・千波工場 〒310-0851 茨城県水戸市千波町北葉山1785
水戸・百合ヶ丘工場 〒310-0843 茨城県水戸市元石川町字雁原909-1
中国工場 中国北京市海淀区紫竹院路33号美林花園2-16G
従業員数 80名
ISO情報 環境ISO14001 水戸工場
品質ISO9001 百合ヶ丘工場

沿 革

昭和40年 6月 株式会社水戸理化ガラス設立
昭和42年 8月 水戸千波町に社屋を竣工、本社移転
昭和54年 3月 ひたちなか市に勝田工場竣工、ランプ工場として本格的に開発・製造開始
D2ランプ・ホロカーソードランプ開発
平成13年 2月 勝田工場(現・百合ヶ丘工場)ISO9001取得
平成16年 7月 水戸工場ISO14001取得
平成18年 2月 水戸市の優良工場に認定
平成20年 9月 キセノンフラッシュランプ参入
平成23年 5月 水戸市元石川町に百合ヶ丘工場竣工、勝田工場を移転
平成24年 11月 黄綬褒章受章 火加工従事者
茨城県知事賞受賞 硝子加工従事者
平成26年 がんばる中小企業300社に認定
平成27年 創業50周年
平成28年 1月 1月1日、株式会社ミトリカに社名を変更
平成29年 2月 米国アリゾナ州MMT天文台にて、ミトリカ製ヘリウムランプが分光器に採用
12月 地域未来牽引企業にミトリカが選定
令和元年 6月 BioCMOSセンサーBCTシリーズの販売を開始
令和2年11月 電子聴診器JPES-01の販売を開始

主要取引先(順不同)

アジレント・テクノロジー株式会社
株式会社日立ハイテク
株式会社日立製作所
日立化成株式会社
NTTアドバンステクノロジ株式会社(NTT-AT)
NTTエレクトロニクス株式会社
株式会社島津製作所
株式会社島津デバイス製造
島津サイエンスグループ
株式会社堀場製作所(HORIBA)
倉敷紡績株式会社(クラボウ)
ウシオ電機株式会社
古河電気工業株式会社(古河電工)
日本分光株式会社(JASCO)
株式会社リガク
サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
田中貴金属工業株式会社
理研計器株式会社
AGC株式会社
DIC株式会社
住友ベークライト株式会社
東芝ナノアナリシス株式会社
シスメックス株式会社(Sysmex)
積水化学工業株式会社(SEKISUI)
東京応化工業株式会社(tok)
日東精工アナリテック株式会社
株式会社オハラ(OHARA)

株式会社ヤナコ計測
東亜ディーケーケー株式会社(TOADKK)
日本インスツルメンツ株式会社
セントラル科学株式会社
東京光電株式会社
荏原実業株式会社
マイルストーンゼネラル株式会社
株式会社ジェイ・サイエンス・ラボ
本多電子株式会社
協和界面科学株式会社
長州産業株式会社
国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(JAEA)
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)
国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)
一般財団法人総合科学研究機構(CROSS)
一般財団法人電力中央研究所(CRIEPI)
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)
東京大学
東京工業大学
京都大学
北里大学
大阪大学
名古屋大学
東北大学
茨城大学

メディア取材歴

・NHK(日本放送協会)ニュース 多数放映
・TBSテレビ「がっちりマンデー!!」
・日本経済新聞 取材多数
・茨城新聞 取材多数

社長あいさつ

Bridge to the "Bright Future"
"輝く明日"への架け橋となれる企業をめざして

キラリと光るものを持っている人には、その内から醸しだされる魅力が溢れています。
常に、あるいは、いつかはそういう人になりたい。そう思っている人は多いことでしょう。
そして会社も大小はあっても、キラリと光り輝くものをその事業活動や製品を通して、お客様に、そして世の中に提供していくことが大切な使命だと思っております。私たちもその輝くものが、ある時は柔らかく、またある時は研ぎ澄まされた輝きをもって今日に至ってまいりました。
そして今、私たちはお客様の明日が輝くために、より一層の努力を製造、販売、管理、品質の四者一体でお手伝いをさせていただきたいと願っております。
ミトリカの明日への証といたしまして、私たちの思いを製品に込めながら、皆様方の”輝く明日”への架け橋にさせていただきます。皆様方の今までのご厚誼に感謝致しますとともに、これからもどうぞよろしくお願い致します。

社長挨拶